車を売る場合に気を付けておきたいこととは

車を売る場合にはどのようなことに気を付ければできるだけ高額で売ることが可能でしょうか。以下、ポイントを知っておきましょう。

 

まず、いくつかの買取業者に見積りを出すことが必要になります。適正価格を知るためです。

 

当然買取業者もそのことを知っていますので、できるだけ有利な条件を提示してくるでしょう。

 

もし、1社のみに見積を出したとすればあまり高い金額を提示しないかもしれません。インターネットで見積りを複数の会社に申し込む場合は、買取業者のほうでも相見積もりをしてるかどうかは判断することができます。

 

この時に注意をしなければならないのはあまりにも多くの買取業者に見積りをお願いしないことです。せいぜい3社から5社ぐらいにしておきましょう。

 

なぜなら、面倒だからです。1社に月見積りは20分前後かかります。例えば気合いを入れて10社に見積りをお願いした場合には、10回アポイントメントをとってそのたびに車の説明などを聞かれます。

 

そして、10社に見積りを申し込んだとしても、5社目ぐらいから見積額に違いが無くなって来ます。

 

ですので最大でも5社ぐらいで十分です。
もし、これからディーラーで新しく車を買う場合には、ディーラーに持って行くと一番高く買い取りをしてくれます。

 

関連サイト:車売りたい│車の買取相場と最も高額査定をしてくれるのはどこ?

 

車を売るときは見積もりを取ろう


車を売るときには、少しでも高く買い取りをしてもらいたいものです。ディーラーで新車を購入する際に下取りに出すと安くなってしまうことがあるため、買い取り専門店に見積もりを取ることをお勧めします。見積もりを取る際には、綺麗に洗車をしておきましょう。

 

外側だけでなく、車内清掃やボンネットを開けて綺麗にしておくと印象が良くなります。見積もりを取る際は、数社に依頼をすることが大切です。

 

最初に訪れた際に出された見積もり価格は参考としておきましょう。それを基準として他社に見積もりを取ります。

 

買い取り専門店は、少しでも安く状態の良い車を手に入れたいため、最初に提示される価格は低く設定されます。

 

そこで妥協することなく、高めの希望価格を伝えることが大切です。こちらの希望を伝えることで買い取り価格を適正な価格まで引き上げてくれます。

 

他社の見積もりを出して価格交渉することも大切ですが、売却が決まった後の手続きをしっかりと行ってくれる業者であるかも大切です。

 

車検証などの情報も適切に処理を行い、手続きをしっかりと行ってくれないと後でトラブルの元になってしまいます。

 

目先の価格だけでなく、信頼のおける会社に依頼をすることが大切です。


更新履歴